カマグラゴールドとバイアグラの違いとは?

共通点

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックとして登場したインド製のED治療薬です。発売されてから個人輸入を代行する通販サイトでは常に売れているようです。

通販サイトでED治療薬を買う場合、バイアグラよりもカマグラゴールドを選ぶ人が多いようですが、カマグラゴールドとバイアグラの違いはどこにあるのでしょうか。

カマグラゴールドとバイアグラの共通点

カマグラゴールドとバイアグラの違いについてご紹介する前に、共通点から説明します。

バイアグラには有効成分のシルデナフィルが含まれていますが、バイアグラジェネリックであるカマグラゴールドも同じ有効成分を含んでいます。
よって作用が同じであれば効果も同じというわけです。

バイアグラもカマグラゴールドも、服用してから30分~1時間くらいで効き始めて、5~6時間ほど効果が持続します。

カマグラゴールドとバイアグラの違い

バイアグラとカマグラゴールドの違い

カマグラゴールドとバイアグラの違いについてまとめました。

カマグラゴールドは病院処方ができない

バイアグラは1999年に医療機関での販売が許可されて以降、現在でも全国各地のED治療を行っている病院やクリニックで処方されているお薬です。

病院で処方されているお薬ということは、厚生労働省からの承認をもらっているお薬ということなのですが、同じ有効成分であるカマグラゴールドは承認を得ていません。
よって、国内の病院やクリニックでカマグラゴールドを処方することはないのです。

その代わり、個人輸入という形で通販サイトからカマグラゴールドを注文して海外メーカーから取り寄せることはできます。

ちなみに、バイアグラも個人輸入で海外製のものを買うことができます。

カマグラゴールドは圧倒的に安い

カマグラゴールドはジェネリック医薬品で、新薬のバイアグラより開発コストがかかっていないため、その分価格を抑えています。

通販サイトでの相場になりますが、バイアグラ50mgが1錠あたり1500円程度です。
それに対してカマグラゴールド50mgは575円くらいしかしません。

これほどの差があると、カマグラゴールドがなぜ通販サイトで売れるのは理解できますね。

製造している会社が違う

新薬のバイアグラを製造しているのはファイザーというアメリカで生まれた会社です。

バイアグラの特許が満了を迎えてから発売されたカマグラゴールドは、インドのアジャンタファーマという製薬会社が製造しています。

インド製と訊くと少し疑ってしまう方も少なくないのですが、アジャンタファーマはインドだけでなく海外でも名の知れた製薬会社で、カマグラゴールドの他にも女性用のバイアグラやその他多数のジェネリック医薬品を世に出しているのです。

Posted by SAMBA

PAGE TOP