3人に1人がED!元気のない日本人男性を救うカマグラゴールド

EDとは?

かつてED(勃起障害)は中高年の間で発症する性機能障害だと言われていました。
それが近年、食の欧米化やストレス社会などさまざまな要因で、若年層の間でもED患者数が増えてきているのです。

日本で1998年にとられた統計によると、EDと疑われる人は1800万人にのぼり、これは成人男性の3人に1人がEDという計算になります。

自分がEDを発症しているのにEDだと認識していない方もいるようなので、ここでEDについて知り、EDに対する知識を身につけておくことで早期の治療・予防につなげていきましょう。

EDとは?

EDとは「勃起機能の低下」を意味する“Erectile Dysfunction”の略語で、日本語では勃起不全や勃起障害と言われます。

一昔まえは「インポテンス」「インポ」などとも呼ばれていたのですが、これには「不能」という意味合いが含まれていたことで、現在は使われていません。

EDの種類

EDの種類

EDとひとくちに言っても、いくつかタイプがあります。

器質性ED

器質性EDとは、病気やけがなど、身体に何らかの問題が生じることによって起こった勃起障害です。

具体的にいうと、病気やけがで神経や血管に障害が起こって、陰茎への血流が悪くなってEDになってしまうのです。

心因性ED

心因性EDとは、精神的な問題で起こるEDのことを指します。
焦りやトラウマなどでもEDになることが多く、心因性EDは働き盛りの若い男性に起こる傾向にあるとされています。

なかには妊活(子作り)のことで妻からプレッシャーをかけられてそのストレスからEDになってしまう男性もいるようです。

混合性ED

混合性EDは器質性EDと心因性EDの要因が混合して起こるタイプです。

怪我をきっかけにそのストレスから心身ともにダメージを受けている時に起こりやすいとされています。

EDの治療法

EDの治療法

EDだと病院で診断された場合は、まず内服薬の投与で治療を試みます。
ED治療薬といえば、バイアグラ、シアリス、レビトラの3種類が現在日本国内では承認されているので、これらが病院で処方されます。

ED治療は保険が適用されないので、全額負担で結構な医療費になってしまいます。

こちらのサイトで紹介しているカマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品で、価格がかなり安いので、人気が高まっています。

ただし、カマグラゴールドは日本では未承認のお薬なので、病院に行っても処方されません。

カマグラゴールドは個人輸入を代行する通販サイトで購入すれば、海外から自宅の住所に届くようになっています。
通販サイトなら医師の処方箋が不要なので、医療費を節約することにつながります。

Posted by SAMBA

PAGE TOP